【BGS】地底や海底の探検に必要な発明品の数々

東京ディズニーシー

みなさんは東京ディズニーシーのミステリアスアイランドへ行ったことはありますか?
ミステリアスアイランドとは、謎の天才科学者ネモ船長の秘密基地です。
このテーマポートでは、ネモ船長の発明品を通して地底探検海底探検を体験することができます。
今回は地底や海底を探検するのに欠かせないネモ船長の発明品を3つご紹介します。

削岩機

山肌にぶら下がっている機械で、ドリリングマシーンとも呼ばれます。
2つのドリルを回転させることで岩盤を掘り進んでいきます。
「センター・オブ・ジ・アース」や「ヴォルケイニア・レストラン」の入り口では、
この削岩機のドリルの跡を見ることができます。
ちなみに、動力源はネモニウムと呼ばれるエネルギーです。
※ネモニウムについては別の機会にご紹介したいと思います。

地底走行車

「センター・オブ・ジ・アース」のベースステーションから地底探検に向かう際に乗り込む車です。
前部は尖った排土板のような形になっていて、後部には高圧蒸気のタンクが備え付けられています。
とても頑丈な作りになっているようで、地底の荒れた道もなんなく進むことができます。

小型潜水艇

「海底2万マイル」で海底探検に向かい際に乗り込む潜水艇です。
コントロールセンターから遠隔操作されているので安心して海底探検を楽しむことができます。
酸素量と深度を測る計器やアクアフォン(海底・地上間で通話可能な機器)が搭載されており、
サーチライトを操作して周囲を照らすことも可能になっています。
また、もしものために非常用電源も備えられている優れものです。
ちなみに、海底2万マイル入口の螺旋状のスロープにぶら下がっている潜水艇はネモ船長専用のもので、『ネプチューン号』と呼ばれます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました